• ホーム
  • ルミガンやケアプロストは緑内障の薬です

ルミガンやケアプロストは緑内障の薬です

2019年05月07日
目がきれいな女性

女性のメイクの最大のポイントと言えるまつ毛メイク、どれだけ自まつ毛を長く、太く、濃く見せられるかが、アイメイクの出来不出来を大きく左右することから、まつ毛にはいろいろなアイテムを駆使して仕上げている女性も少なくはありません。
何度もビューラーで自まつ毛をカールさせたり、付けまつ毛や強力マスカラなどを付けたり、まつ毛パーマやまつ毛エクステンションなどを頻繁に行ったりする行為は、まつ毛を強調させる効果としては非常に素晴らしいものばかりですが、やはり酷使してしまった挙句、自まつ毛がぼろぼろになってしまっている女性も多く、そうなるとさらにハードに行わなければならなくなり、どうしようもない悪循環に陥ってしまっている方も少なくはありません。

そこで最近話題となっているのがまつ毛美容液や育毛剤で、丈夫で健康なまつ毛をしっかりと育てようと、毎日のスキンケアで使用している方も多いようです。
しかし市販されているものは、やはりそれほど短期間で効果が出るというものではないため、美容外科や美容皮膚科といった医療機関で扱われているルミガンやケアプロストなどの育毛剤を買い求める女性も増えているようです。
市販のものに比べると格段に高い商品ですが、本来の自分のまつ毛の長さよりもぐんぐん伸びると、美容雑誌などでも取り上げられることも増えているようです。
このルミガンやケアプロストは、もともとは緑内障の薬で、治療で目薬をさしていた患者さんが副作用としてまつ毛が伸びてきたことに注目されて登場したもので、日本国内でも医師の間では緑内障の薬として認識されています。
しかし緑内障と医師が診断しない限りは処方できないので、美容クリニックや個人輸入で海外から取り寄せるしかありません。
ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品で、個人輸入する場合は、緑内障の薬の中でも一番安く手に入ります。